生活・暮らし

コロナは偽パンデミック!? ドイツで勃発したパンデミック解放デモ

こんにちは。
気ままなベルリン在住者、向日葵猫です。

8月1日にベルリンで「コロナパンデミック解放デモ」が開催されましたが、
どうやらイタリアやフランスだけでなく、ドイツでも「コロナ=偽パンデミック」という動きがあるようです。

私もコロナウイルスに対しては疑念を抱いていたところがありましたので、
8月1日のデモに参加してみることに…。
事前にイベントの詳細を調べるのが大変だった…。ドイツ語だし、場所や時間もギリギリまでわからなかったり、色んなサイトで言っていることが二転三転したり!?

当日の会場は、ベルリンの目玉スポットであるブランデンブルク門❢❢
ここがスタートポイントでしたが、当日のデモは医療団体から音楽・クラブ系の団体など色々なところが集まっていたようです。
もちろん、私のような一般参加者もいっぱい❢❢

7月半ばの時点では、50万人くらい参加者がいるとか業者メインのデモとか言われていたようですが、私たち一般人の参加もOKでした❢❢
そういうところは寛容なのか⁉

デモ隊の行進が始まって目に入ったのが、医療団体のトラック!!
このトラックではワクチン反対バッジやステッカーを配っていました❢❢
水面下でワクチンの強制接種が進んでいる中、未開発でもワクチン反対の運動を起こしているようです❢❢
ワクチン強制の撤廃や税金の無駄遣い防止のために早いうちから動いているのでしょうか。それにしても、すごい❢❢
やはり政治に対しての意識が違います。

参加者の中には、ワクチン反対の意思表明やビル・ゲイツやメルケル首相の写真を載せた大きな手作りのボードを首から下げている人も❢❢
非常に凝っていたので、思わず写真と動画におさめました❢❢

フリードリッヒストラッセ駅のホームから撮影しましたが、
デモの参加者で道路が埋め尽くされ、デモの行列がどこまで続いてるのかわからないほど多い❢❢❢
そのせいか、交通規制も大規模なものになり、バスやトラムなどは運行停止状態…。とはいっても、別のルートで行けることも多々ありますので、代替手段があるのが良い。
いずれにしても、個人主義のドイツでここまで団結力を見せつけるところに驚き隠せません。

デモのルートは、ブランデンブルク門からスタートしてベルリン中心部の北東部分をめぐり、ブランデンブルク門に戻ってきたという感じになりました。

今まで見てきた中でもかなり規模の大きいデモでしたので、度肝を抜かれました。
このデモで、今後のドイツの政治や生活に良い変化が起こることを願っています。

百聞は一見に如かずだけに、デモの様子を動画で公開❢❢

文章に残すだけだと物足りないので、動画も公開中です。
実際のデモの様子を撮影して3本立てでお送りしておりますので、
みなさま、ぜひご視聴ください❢❢

向日葵猫のチャンネルも登録していただけると大変励みになります。

以上、向日葵猫でした。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Bitnami